スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第78回 ゴミ太郎の休日。

僕は前々からどうしても観たい映画があった。



前日のバイオにおいて、天才的な勝利を収めた僕は、思い切って4月3日を


「休日」


にすることにした。


常に休日の僕であるが、その中の休日。いわば


「休日中の休日」


である。凡人には理解デキマイ。

朝の10時に起床した僕は着替えを済まし、颯爽と愛車である



「ハーレーゴミットソン(原付)」



に乗り込み映画館へ向かう。


そろそろ皆さん。


僕が何の映画を観るか気になってきたであろう。発表しようか。


アカデミー賞総なめであろうこと確実。

チケットはプレミア。

上流階級しか入れない。


もう映画好きの皆さんなら分かったかな?



こちらである。




















そう



「ドラゴンボールZ 神と神と神のゴミ太郎」



である。



無論、僕一人だ。(誘うことすら出来ない)


マジである。


春休みで周りは小学生だらけ。



小学生の列にゴミ太郎は一人並び、チケットを買う。


そして入場。



ゴミ太郎「大人一人です。」



チケット確認のお姉さん。「はい。大人1名様ですね。チラっ。」



やはりチラ見したか。
言葉は澱みなかったがな。


僕のイケメンぶりに言葉を失ったのか、
僕と目が合うとその女は恥ずかしそうに眼をそらした。



まあ、こんなこと慣れっこだから仕方ないけどな。


そしてその女は僕にオズオズとプレゼントを渡した。





観た人全員にくれるらしい。

ふふふ。ふ~~む。これは中々のもんだな。


何に使えばいいんだろう。


僕はニヤニヤしながら中に入り、待ちに待った映画スタート。


僕は心底、ドラゴンボールが好きなんですよ。


オープニングを見ながら


「ドラゴンボールZ神と神」


を、


「神である僕が観ているな」


とか


「鳥山明氏は僕をフューチャーしてこの映画を作ったのだろうて」


なんて考えながら、またもやニヤリ。


さて、本編ですが、このブログを見ている皆様の99%が「DBZK&K(ドラゴンボールZ神と神)」
を観たいのに庶民ゆえ観れず、嫉妬や羨望の眼差しを送っているでしょうから、ネタバレは書きません。


少し触りだけ言うと(言いたい)


ウサギみたいな敵がマジつおい。


そして我らが「ゴクウ」がスーパーサイ野人3を超えた


「GOD」


になって、ああなって、

「カーめーはーめーハ――――――」

「ド――――ン。ドンガラガっシャ――ン」


この「かーめーはーめーはーーーー」


の時は、ちびっこたちが皆ゴクウと一緒に


「かーめーはーめーはー」


と叫んでいたのですが、僕も叫びそうになりました。


ただ、僕は


「ドドン波派」


なんで、かろうじて耐えました。よかったです。


ということで、夢のような1時間半は、「アッ」


という間に終わり、僕は興奮と、
終わってしまった少しの寂しさを覚えたまま映画館を後にしました。



帰りのバイクでは邪魔なバスやタクシーに


「フリーザーーーーー!!!くらえーーーー!!」


とか


「ナッパーーーー!!!!!!よけろーーーーー!!」



等、シャウトしながらハーレーを操り、あたかも


「筋斗雲」


に乗っているかのような僕。


もはや「パチ屋」とか「スロットル」とかは一切考えていませんでした。


これが


「リア充」


ってやつなんだろう。


家に帰り布団の上で


「映画でのゴクウの立ち回りを少々」


疲れて寝る。


そして深夜2時に起きて、また布団の上で


「ベジータの立ち回りを少々」


完全キチガイですね。


この分を読み返してみてもかなりの危険思想なんで、
上げんの止めようと思ったけど、気分がいいのであげます。


皆さんも僕のように、スロットルばっかしやってないで、


「リアル」


を生きた方がいいですよ。





「リアル」

「充実するぜええええええええええええ!!」
[ 2013/04/08 02:06 ] 日記 | TB(-) | CM(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。