スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第56回  さあ仕事だ。

バイオ稼動前編です。




「ファララファラララララら~~~

ファラララララららラララら~~~

ファララら~、ファララ~~

ファラララララららラララら~」






深夜未明。



無論熟睡中。



僕の携帯が大音量で鳴り響く。この着信音はアイツだ。



僕「ふぁ??ふぁい。もしもし」



ゴルゴ上手プロ(元下手プロ)「ゴミ太郎。仕事だ」



僕「へ?何ですか?」



ゴルゴ上手プロ「し・ご・と。の依頼」



目が覚めてきた。



僕「なになに?何のはなし?」



バカプロ「だから、明日戦いに行くぞ!マジ出してるから。」



僕「ああ。わぁった。どこ何時?」



バカプロ「と、、、、、、、、わ」



僕「ちょっと電波悪い。聞こえない。」



基地外「所沢。9時」



僕「やだ」



こいつとうとう東京という国境を越えやがった。遠すぎだろ。



下手「いや来る価値はある。ホントに出てるよ。」



つうか、寝みいし、もう話したくない。
なんで所沢までこの僕が行かないといけないんだよ。
早く切りたい。このクソ電話。 と思い



「分かった。気が向いたら行くよ。(向かねえけど。)じゃ、お休み~~(死ね)」



と電話を切り、再び寝ました。




翌朝



六時起床。



何故なら前日僕が寝たのは夕方の6時。


自由人だから。


僕は考えました。


「う~~ん。所沢9時か~~。馬鹿馬鹿しいけど、全然眠くねえし、予定もねえから、バイクで散歩がてら行ってみるか。1時間半もありゃ着くだろ。」




朝風呂に入り、地図を広げ所沢までの道を確認。



7時15分。 下手プロに「行きます」とメールし、国境越えに出発しました。



30分後。



早くも道に迷った。


交番でおまわりさんに聞く。


僕「すいません。所沢ってどっち方面ですかね?」


察「え?バイク?とおいよ~~。とりあえずこの道をこういって、こういって、そしたらココに出るからそれをコウ!!」


殆どわかんねえ。でも二つくらいわかった。


僕「はい、、、有り難うございます。」


察「いえいえ。何で所沢までわざわざバイクでいくの?」




始まったよ。軽めの職質。



僕「はい。下手プロという方に所沢のパチンコ屋が出ていると勧められ、六時に起きて、9時の、抽選という、  あぁ。抽選て言うのは、くじ引きみたいなもんで、やりたい台を取るために、あの、気合を入れながら、えいっっ!!って引くやつなんですけど、それを引いてからさらに50分位待って、いよいよ興奮と共に入場するのですが、何故かその興奮とお金が次第に無くなっていきまして、最後には無一文になって、来た道を帰るんです。因みに無職ですが何か?」





って説明したら、9時に間に合わなくなりそうなんで、



「ちょっと仕事の関係で、、、」



と乗り切る。



何度も迷いながら2時間半。



2時間半。



やっと所沢の店に着き下手プロと合流。(途中下手プロに3回電話。)



時刻は9時50分。



抽選なんて受けられるはずもなく、しかも2時間半の原付は死ぬほど寒い。



二時間半あったら電車で長野くらいまで行けんじゃねえか?



会った瞬間、遅れすぎたことに怒り気味の下手プロのキツイ一言



下手「こんな時間に何しに来たの?」



俺の努力を粉々に砕きやがった。 



半端なくムカツク。



こっちも寒さと2時間半の長い旅行にイライラして


僕「お前が負けんの見に来た。」



と喧嘩腰。



し~~~んと気まずいまま入場です。



最後尾にて入場した僕は2台ほど空いていた「バイオハザード」

に座りました。

ムカついているんで下手プロの姿は見に行かず。

そして怒りと共に「バイオハザード」を打ち始めました。




眠いんで後篇に続く。
気になる人はポチット押してね!!



アッと。最後にクイズ。

日記の冒頭の僕の下手プロ専用着信音は何でしょう?
分かった方はコメントに書いてください。

最初に正解した方にランチパック2個差し上げます。

それでは後篇をお楽しみに~~~~~~。
[ 2013/02/03 23:21 ] ギャンブル日記 | TB(-) | CM(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。